東京タワーでデートはおすすめ

東京タワーは東京のシンボルだと思う

東京タワーって東京のシンボルだと思ってる人僕だけですかね。
決して派手じゃないけど、仕事帰りに遠くに赤く光っている東京タワーを見るとなんだか、今日も良くがんばった。明日もがんばろうって気分になる自分がいます。

僕よりも一世代前の人たちにとってみると、昭和の高度経済成長や戦後復興の象徴だったらしいです。
そんな気持ちが若者の僕にも良くわかります。

東京タワーの思い出

彼女とのデートでも使いますね。
3ヶ月に1回ぐらいはきてるんじゃないかな。
展望台にも上っています。

確かに、展望台からの夜景という面だけで見ると、高さに勝る六本木ヒルズや横浜ランドマークタワーに比べるメリットはありません。
でもそれでいいんです。
なんかシッポリ気分になれるんですよね。

東京タワーデートでの失敗談

失敗談というか、東京タワーの展望台は男友達ときてもあまり楽しくありません。

時々地方の男友達が東京遊びに来るときに連れて行きますが、あっさり30分ほどで 終了することがあり、僕的にはあまり東京タワーに対してそういう見方をしたくないです。

彼女とのデートか、家族でゆっくりまわるってのがおすすめですね。

おもむき深い建造物なので、ゆっくりと味わいながらまわるのが良いと思います。

東京タワーにデートしにいくなら

また3ヵ月後ぐらいにデートで使おうと思っています。

一部には、東京スカイツリーができたので壊してもいいんじゃないかっていう人もいるけど、冗談じゃないですね。

もう東京タワーは日本人の心の中に同居してるんです。

役割が終わったとかという言葉で簡単に片付けないで欲しいですね。

展望台だけでなく、遠くから眺めても絵になる東京タワー。
いつまでも遠くで輝き続けていて欲しいものです。